基本の訓練について

すべての訓練は、基礎から始まります。まずは、初級コースの服従訓練からはじめましょう!

服従訓練

基本の訓練(服従訓練)の流れ

訓練の基本はここから始まります。

脚即行進(きゃくそくこうしん)

リードがたるんだ状態で人の左側を歩くことです。

(リードがたるむ状態とは、犬の意思で人の横を歩くということです)

 

 

 

停座(ていざ)

停座とは『おすわり』をすることです。

訓練で覚えたおすわりはどんな状態でもどんなに興奮状態でも

絶対にすわることをいいます。

 

 

待て(まて)

待てとは、言われた姿勢(おすわり・ふせ)の状態で、

解除の言葉がかかるまで待っていること。

伏臥(ふくが)

伏臥とは伏せることです。

招呼(しょうこ)

招呼とは離れたところから来いと呼んだ人の

左横につくこと。

その他のページのご案内